HOME > IFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)対応支援サービス

IFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)対応支援サービス

日本の証券取引所におけるIFRS(国際会計基準)対応支援サービス

IFRSは日本では任意適用となっておりますが、2013年に日本でのIFRSの任意適用の要件が緩和され、更に日本版IFRSの策定等もあり、IFRS任意適用会社も近年飛躍的に増加しており、日本企業がIFRSをより導入しやすい状況になりつつあります。日米公認会計士兼IFRS CERTIFICATEである福留 聡事務所では、IFRSを導入する企業のニーズに的確に応えるため、下記のようなサービスを提供しております。

  • ①IFRSへの移行の仕方、移行プランの提供
  • ②IFRS導入の影響度調査分析(予備調査、コンバージョン、導入定着化)
  • ③IFRS導入に対応するための業務プロセス・内部統制構築・決算早期化支援
  • ④IFRS導入のためのセミナー、社内教育研修
  • ⑤IFRS財務諸表・IFRS連結財務諸表作成・開示支援
  • ⑥IFRS導入にあたり、監査法人対応支援

日系企業の海外証券取引所上場のためのIFRS又はUSGAAP(米国会計基準)導入支援サービス

日系企業が海外の証券取引所に上場するためには財務諸表をIFRS又はUSGAAPで作成することが必要な場合があります。このような日系企業に対してIFRS又はUSGAAP導入をサポートします。
具体的には下記のようなサービスを行います。

  • ①IFRS又はUSGAAPへの移行の仕方、移行プランの提供
  • ②IFRS又はUSGAAP導入の影響度調査分析(予備調査、コンバージョン、導入定着化)
  • ③IFRS又はUSGAAP導入に対応するための業務プロセス・内部統制構築・決算早期化支援
  • ④IFRS又はUSGAAP導入のためのセミナー、社内教育研修
  • ⑤IFRS又はUSGAAP英文財務諸表・IFRS又はUSGAAP英文連結財務諸表作成・英文レポート開示支援
  • ⑥IFRS又はUSGAAP導入にあたり、監査法人対応支援

外資系企業の日本子会社のためのIFRS又はUSGAAP作成支援サービス

外資系企業が上場していたり、連結財務諸表の作成が必要な場合、日本子会社及び日本関連会社において財務諸表をIFRS又はUSGAAPで作成することが必要な場合があります。
このような外資系企業に対してIFRS又はUSGAAP財務諸表作成をサポートします。
具体的には下記のようなサービスを行います。

  • ①IFRS又はUSGAAP英文財務諸表支援
  • ②IFRS又はUSGAAPに対応するための業務プロセス・内部統制構築・決算早期化支援
  • ③IFRS又はUSGAAPの監査法人対応支援


公認会計士税理士 ワシントン州米国公認会計士 米国税理士 福留聡事務所 03-3817-7727

福留聡事務所について

IFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)対応支援サービスとして、主に下記サービスからなります。

  • ①IFRS又はUSGAAP影響度調査
    IFRS又はUSGAAPが導入された場合の影響について分析し、導入のためのプランを提案いたします。クライアントの要望(範囲、深度、予算など)や会社の特性(業種、規模など)に合わせIFRS又はUSGAAPの影響度調査を実施し、影響度調査の結果についてはレポートを作成するとともに導入に向けた課題やその対策について併せてご報告させていただきます。
  • ②IFRS又はUSGAAP導入支援・開示支援
    影響度調査の結果に基づいて、IFRS又はUSGAAP導入のアクションプランを策定いたします。IFRS又はUSGAAP導入にあたっては、限られた時間の中で効率的な社内リソースの配分をする必要があり、また、継続的な人材育成、業務改善等も不可欠となり、これらを考慮したうえで最適なプロジェクト管理を実施し、IFRS又はUSGAAPの確実な導入を目指します。また、IFRS又はUSGAAPの導入の影響は単に会計処理の変更にとどまらず、各種開示書類の数値・注記の情報収集作業も含め膨大な時間を要するため、これらの作業を効率的に行うための支援を行います。

福留聡事務所の強み

IFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)対応支援サービスにおける弊事務所の強みは下記通りです。

  • ①日本の公認会計士資格だけでなく、米国公認会計士、IFRS CERTIFICATE資格を保有
    弊事務所所長は日本の公認会計士資格だけでなく、米国公認会計士、IFRS CERTIFICATE資格を保有している日本で希少な日米欧の会計に精通した専門家であるため、日本の公認会計士資格のみの保有者より正確かつ高度な知識の提供が可能となります。
  • ②豊富なIFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)の実務経験
    弊事務所は所長中心に、IFRS及びUSGAAPの実務経験が豊富であり、具体的に、カナダ上場及び香港上場のIFRS、多数のフランスの日本子会社のIFRS、米国の日本子会社のUSGAAP、日本の上場企業のUSGAAPの作成支援、導入支援、会計監査等の豊富な経験を有する数少ない国際会計事務所です。
  • ③リーズナブルな価格と明確な報酬体系
    弊事務所では、IFRS及びUSGAAPの報酬を一律1時間3 万円~(消費税別)とさせていただいており、これに見積もり時間を乗じて報酬を決めさせていただいておりますが、予算に応じたサービスも提供可能です。
  • ④英文財務諸表の作成、英語での海外の監査法人や外資系企業経営者との会話対応が可能
    IFRS及びUSGAAPにおける対応では、英文での財務諸表の作成や、海外の監査法人や外資系企業経営者等英語での説明等コミュニケーションが求められるケースが多々ありますが、弊事務所は、所長中心にこれら関係者とIFRS及びUSGAAP等会計英語のコミュニケーション経験が豊富なので安心して任せられます。
  • ⑤多数のIFRS出版物(本、DVD)の出版実績があります。
    書籍の『7つのテーマがわかるIFRS実務ガイドブック』(税務経理協会がamaozn国際会計部門の売れ筋ランキング1位に複数回選出、IFRSのDVDを7つ出版する等IFRS出版実績が多数あり、豊富なIFRSの知識があることがわかります。

公認会計士税理士 ワシントン州米国公認会計士 米国税理士 福留聡事務所 03-3817-7727

無料個別相談 会社設立支援 
IFRS(国際会計基準)・USGAAP(米国会計基準)対応支援サービス

米国法人税及び米国個人所得税のサービス
IPO(国内及び海外証券取引所)支援サービス 外資系企業の日本拠点の会計税務監査サービス 決算・開示・決算早期化及び決算標準化支援サービス menu